読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

効率

臨機応変『機に臨んで変に応ず』というのはその場面になったときに経験や知識に照らし合わせて(最良の)選択肢を採ること。

 

「機に臨む」際の準備ができていれば「変に応ず」コストを減らすことができる。

不要な対応は無駄になる。

 

「臨機」というと緊急性が強い感じがするが、慣れるということは効率がよくなる=無駄が少なくなるということだ。経験から次に発生することの予測・予知が可能になり準備ができるのでプロセスがスムースに進む。つまり臨機応変のためには経験が重要なのだ。

 

何が無駄であるかは基準となるもの(コト)によって変化するので一概には言えないがシンプルに考える・行動する・準備するということが簡単に効率をあげる方法だと思う。

 

難しく考えないコト。