読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

臨機応変の意味

何かあった時にとっさに対応できればよいが、できませんでしたではすまない場合がある。なので、何かあった時のために備えをしておく。メソッドだったりリソースだったりその場を凌ぐ何かを用意しておくべきなのだ。例外は常に発生するものという前提でその準備をしなければならない。

ただし、共通要素に分解しておくことが大事。リソースがあっても特定の機能に紐づいたリソースでは役に立たない事がある。特に目先の機能に集中してしまうとリソース的な例外に対応できなくなる。

機能、コスト、効果、速さなど様々な観点から俯瞰しないと。

 

機に臨んで変に応ずる準備が予めできていることが大事ということ。